スタッフブログ

2次元弾塑性地盤解析システム「FEMすいすい」2014/02/20

2次元弾塑性地盤解析システム「FEMすいすい」の開発・販売を計画推進中!! 年度内のレンタル開始を予定しています。

レンタルシステムの採用、使うときだけ費用が発生する方法で経費節減が可能になります。

前田建設工業(株)で開発され長年使用されていた実績あるFEM解析ソフトを、使い勝手の良いWindows版に移植しました。

地盤の掘削、盛土のシミュレーションなど地盤に関係する多くの分野において、威力を発揮する汎用FEM製品です。

[特徴]

■モデル作成機能

モデルの作成はCAD的な入力方法で簡単に作成できます。

分割数指定による自動分割(要素細分化)機能を搭載し、自動分割後の細部のマニュアル修正も可能です。

モデル作成(プリ)から解析(ソルバー)および結果の確認(ポスト)までを1つのソフトウエアに搭載し、解析作業を効率的に行えます。

■UNDO機能

モデル作成時、直前に行った動作を無制限に元に戻すアンドゥ機能を搭載しています。

■ステップ解析

地盤の掘削、盛土などのステップ解析を実施することができます。

ステップごとに、材料定数の変更、境界条件の変更、掘削時の応力解放率の設定が可能です。

■線要素の重ね合せ

例えば、トンネルで一次支保工と二次支保工を別々にモデル化することができます。

■線要素間の結合

線要素間の結合は「剛結合」に加え「ピン結合」も選択することができます。

■荷重

荷重の作用方向は、全体座標系に加えローカル座標系でも指定することができます。

分布荷重の作用面積は、「射影面積」あるいは「射影面積でない」から選択することができます。

■結果図の貼付け

モデルや解析結果を様々な表現方法で表示でき、報告書への貼り付けが簡単に行えます。

■数値データ出力が簡単

画面上で選択した複数の節点/要素の数値データ(座標、変位、応力など)をエクセルに簡単に貼り付けることができます。

[適用例]

 ■トンネルの施工検討、周辺への影響検討

 ■土留め掘削検討、周辺への影響検討

 ■盛土検討、周辺への影響検討

イソジン フルーティー2014/01/21
写真

ちょっと遅いですが、風邪・インフルエンザの季節到来ということで、うがい薬を買いにドラッグストアに行きました。そこで目に止まったのが、イソジンほんのりフルーティー。

薬剤師の人の説明によると、ポビドンヨード系のほうが殺菌力があるのでオススメとのことでしたので、早速試してみました。

勝手にフローラル系の香りでもするのかと思っていたら、おもいっきりドクターペッパーの香りでした。ポビドンヨードの風味と相まって、個人的にとてもヒットしました。ドクペでうがいしているみたい…。今年はこのうがい薬で風邪を乗り切るぞ~。

以前どこかでうがい薬不要説を読んだことはあるのですが、個人的にはうがい薬のすっきり感はとても好きです。

(し)

Windows82014/01/10
写真

it'sCAD MAX2は、現在、Windows8対応とは明記していません。

ただ、検証という意味では、まだ足りてはいませんが、プログラマーによりますと、不具合はないはずだそうです。

また、イッツキャドのコミュニティーに寄せられている報告によるとWindows8でうまく動作しているようです。

検証結果をわざわざ、報告してくださり、ユーザ様ありがとうございます。

絶版書籍の電子書籍化2013/12/09
写真

以前から、インデックス出版の発行、山海堂さんで発売していた書籍の問い合わせがあります。

ExcelファイルやFortranプログラムリスト付きの書籍なので、類似書籍がなくて、インターネット等で探してきてくださるようです。

中には、Amazonさん等で異常に高騰しているものもあります。

いろいろな事情でできないものもありますが、電子書籍でのみ販売することになりました。

少しずつ増える予定ですが、お問い合わせいただければ、電子書籍化が早まるものもあります。

iRICとイッツキャドマックス22013/11/27
写真

イッツキャドは、配筋、測量、機械、FEM解析などフリーのコマンドがありますが、この度一部のユーザー様の専用コマンドである2次元流れ解析プリポストをイッツキャドマックス2に移植、販売する計画を推進中です。

3代前のイッツキャドからの移植ですが、iRICの出力として、ケースの異なる計算結果の差分ベクトルや差分コンターを表示する機能が追加されます。

P21やSFCなど業界標準のCADフォーマットで出力できますので、JWCやDWG等ローカルなCADフォーマットでもSFCなど標準CADフォーマットを介して使用することができます。

販売時期、価格は未定ですが、年度内に30万円位を想定しています。

iRICとはフリーで提供されている河川の流れ・河床変動解析ソフトウェアです。

ホームページ2013/11/13
写真

ホームページの威力は凄いですね。

弊社は営業力が乏しく、せっかく良いものを作っても世の中に知られることなく、埋もれさせています。

…が、最近、ホームページのおかげでご注文をいただいています。

レアな商品をインターネット検索で見つけてきてくださるのです。

弊社はホームページ構築のノウハウは以前からありましたが、デザインが苦手で少し時間がかかりすぎて、ホームページ作成業に手をつけるのに二の足を踏んでおりました。

しかし、最近、デザインできるようになりました。

ホームページデザイン作成、ロゴデザインを請け負っております。

長年のノウハウから、お値打ち価格のホームページ作成ができます。

個人事業者さんだからこそ、これからはホームページが営業力になります。

これからは名刺代わりにホームページ。

近日、弊社ホームページに詳細が載ります。

ぜひ、ご検討ください。

iPad 歴史2013/11/01
写真

弊社の一押し電子書籍→『【電子書籍版】エクセル構造力学公式例題集』

先日、iPad Airが発表になりました。

iPadのおかげで?ここ2、3年で電子書籍が定着してきました。

印刷しても採算があわない場合、電子書籍にしたり、オンデマンド対応など選択肢が増えました。

出版業界にとって良いか悪いかというより、避けて通れない世の中の流れです。

そこで、「iPad 歴史」でググってみました。

2010年1月28日に初代iPadが発表。

その後、順次、世界中で発売されました。

2012年10月23日iPad miniが発表。

(iPhone、iPod touch、iPad、iPad mini、Apple TVに搭載されている)iOS(アップルが開発・提供するオペレーティングシステム)のアプリは原則Appleのストアからしかインストール出来ず、かつ、ストアに載せるには審査があるため、感染する可能性が低く、iPadはパソコンほど素人が触っても壊れないので安心です。

iPad本体を買うときちょっと高い気がしますが、セキュリティーを考えると高くないのかもしれません。

また、Apple系はアクセサリーも充実していて安く手に入ります。

それも、選ぶときのポイントかもしれません。

携帯情報端末はどんどん新化しています。

買うならいろいろ情報収集して、賢く選びたいですね。

ボスポラス海峡横断鉄道トンネル2013/10/30
写真

大成建設さんが施工した「ボスポラス海峡をつなぐ海底トンネル開通」の記事がありました。

沈埋函を11個沈めて、海底トンネルを作る、難しい工事だったそうです。

アジア(トルコ)とヨーロッパ(ルーマニア)を結ぶボスポラス海峡横断鉄道トンネルは現代のシルクロードですって。

固体ホーン2013/10/10
写真

「固体ホーン」でググると、一番に弊社の【電子書籍版】固体ホーンの設計がでました。

86,000件中、一番でとても嬉しかったのでブログに書いてみました。

ネット限定販売のかなりレアな商品ですが、いろいろな分野の方々が探し当ててご注文いただき、ネットって凄いと思うばかりです。

近日発売予定『初心者でも使えるit's CAD MAX2』2013/03/06
写真

やっと発売になります。

電子書籍版『初心者でも使えるit's CAD MAX2』。

オンラインヘルプもありますが、やはり書籍。

流行のタブレット端末でもご覧ください。