| ホーム | 商品情報 | ダウンロード | オンライン注文 |

it'sCAD MAX

2017/02/01 「イッツキャドマックス3」が発売されました

「イッツキャドマックス」が「3」になりました。

ユニコードに対応!

キャド自体がUnicode対応コードで記述されているため、速度が向上しています。

一つの図面内で、日本語と外国語の混在表記が可能となり、フォントさえあれば、外国へ発注しても図面が壊れることがありません。

外国語の文字が図面内にあってもきちんと表記できます。

言語ファイルにより、メニューやダイアログの多言語が可能であり、日本語が理解できない人でもキャドを扱いやすくなります。

「it's CAD MAX2」から「3」へのアップグレード(移行期間)は平成29年3月31日までとなります。

1ライセンス、3,240円でアップグレードすることができます。

(it'sCAD MAX )

2016/12/19 英語で使えるように…

写真

it'sCAD MAXが近々、バージョンアップ予定です。

英語で使えるようになります。

(it'sCAD MAX )

2016/05/03 熊本地震被災地官公庁に

この度の熊本地震により、、被災されました方々には心よりお見舞いを申し上げます。

インデックスシステムコンサルタンツ(株)は、熊本地震被災地官公庁に(熊本、大分両県およびその市町村)にit'sCAD MAX ライセンス版ライセンス無料提供いたします。

東日本大震災の際にも、被災地官公庁に提供させていただき復興に役立てていただけているようです。

使っていただけると幸いです。

(it'sCAD MAX )

2014/01/10 Windows8

写真

it'sCAD MAX2は、現在、Windows8対応とは明記していません。

ただ、検証という意味では、まだ足りてはいませんが、プログラマーによりますと、不具合はないはずだそうです。

また、イッツキャドのコミュニティーに寄せられている報告によるとWindows8でうまく動作しているようです。

検証結果をわざわざ、報告してくださり、ユーザ様ありがとうございます。

(it'sCAD MAX )

2013/11/27 iRICとイッツキャドマックス2

写真

イッツキャドは、配筋、測量、機械、FEM解析などフリーのコマンドがありますが、この度一部のユーザー様の専用コマンドである2次元流れ解析プリポストをイッツキャドマックス2に移植、販売する計画を推進中です。

3代前のイッツキャドからの移植ですが、iRICの出力として、ケースの異なる計算結果の差分ベクトルや差分コンターを表示する機能が追加されます。

P21やSFCなど業界標準のCADフォーマットで出力できますので、JWCやDWG等ローカルなCADフォーマットでもSFCなど標準CADフォーマットを介して使用することができます。

販売時期、価格は未定ですが、年度内に30万円位を想定しています。

iRICとはフリーで提供されている河川の流れ・河床変動解析ソフトウェアです。

(it'sCAD MAX )