新刊『軟弱地盤の長期沈下と有限要素圧密解析入門』

写真

発売されました.

まえがきより

『軟弱地盤上の建設工事に伴い長期間発生する沈下が,予期せぬ不等沈下対策を必要とする.

工事前にある程度の精度で長期沈下挙動を把握する必要がある.

二次圧密に起因すると考えられる軟弱地盤の長期予測には,差分法や有限要素法(FEM)による数値計算が必要とされる.潤沢な調査・設計費用があり,精緻な構成式を組み込んだ有限要素法プログラムで高精度の予測が可能ならば問題はない.限られた調査・設計費用で予期せぬ不等沈下問題に遭遇しないための簡便な軟弱地盤の長期沈下予測法が本書の対象である.

本書の前半では,Excel VBA による二次圧密を考慮した一次元圧密解析について記述する.

本書に記述されたプログラムは出版社のホームページからダウンロードできる.プログラムを改造・改善し,実務に利用していただければ幸いである.』