| ホーム | 商品情報商品情報 | ダウンロードダウンロード | オンライン注文オンライン注文 |

新・介護の法律入門

カバー

定価 本体価格¥1,600+税
ページ数 160
サイズ A5
著者 梶原 洋生
付録 -
発売 インデックス出版
ISBNコード 4-901092-73-9
カートに入れる 試し読み 電子書籍の購入

はじめにより

この本はタイトルの通り、法律学の入門書である。法律というと、どうしても「厄介なもの」という印象がある。しかし、この本は私たちの生活にひきつけ、介護職という対人援助職から見た臨床を具体的に描いている。介護職はそれを利用して何ができるのか、法律問題の基本について身につける必要がある。例を挙げながら、それらを通じた介護職の法的な「頑張り方」を考えよう。法律を知り、法律を武器にする。

目次

はじめに

  • Part 1. 介護職による法的解決―実際にあった話
  •  第1章 相談されやすい介護職
  •   ①「ヘルパーさん、軟膏を塗っておくれよ」
  •   ②「あの施設で死んだのよ」
  •   ③「ジジイなんだから金を出せ」
  •   ④「あなたに財産をあげたい」
  •   ⑤「遺言の代筆をしてほしい」
  •  第2章 目撃しやすい介護職
  •   ①「家族から虐待を」
  •   ②「友人から借金の相談を受けている」
  •   ③「マンション付近が路上駐車で訪問にいけない」
  •   ④「買い物し放題なんだって」
  •  第3章 立ち入りがたい介護職
  •   ①「ペットを預かってほしい」
  •   ②「福祉移民と言うけれど」
  •   ③「夫を非難してほしい」
  •   ④「葬儀の準備」

Part 2. 介護とローヤリング

  •  第1章 介護技法としての法的対応
  •   法科大学院(ロースクール)
  •  第2章 介護実務としての法的対応
  •   訴え① 刑事事件となるケース
  •   訴え② 民事事件として損害賠償を請求するケース
  •   訴え③ 管轄行政に申し立てたり、その取り締まりに救いを求めたりするケース
  •   訴え④ 広い意味での社会的訴え
  •   第3章 介護現場でのローヤリング

Part 3.

  •  リーガルアプローチの可能性 ―展望と挑戦
  •  巻末資料
  •  付録 法諺の世界
  •  主要参考文献
  •  おわりに